派遣法の3年ルールって?例外や期間を延ばす方法も解説

公開日:2024/02/15  最終更新日:2024/04/01

派遣法の3年ルール

派遣法の3年ルールは、多くの派遣労働者にとって注目すべきポイントです。このルールは、同一の派遣先での労働を原則として3年間を限度とするもので、期間を超えて同じ派遣先で働く場合、さまざまな法的制約が生じます。本記事では、この3年ルールに関する基本的な情報から、例外となるケースや期間延長の方法まで詳しく解説しましょう。

派遣法とはどんな法律?

派遣法という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、その具体的な内容や背後にある趣旨について正確に理解しているでしょうか?派遣法は、派遣労働者の権利保護を目的とした法律であり、労働市場における特定の労働形態に関連しています。

この法律は、派遣会社を介して働く派遣労働者の権利を保護し、適切な労働条件を確保するために制定されました。具体的には、次のような内容です。

派遣労働者の待遇保護

派遣労働者は、同じ派遣先で働く正規の従業員と同等の待遇を受ける権利をもちます。これには、給与、労働時間、休暇、福利厚生などが含まれるのです。

労働者の権利保護

派遣労働者が適切な待遇を受け、安定した労働環境で働くために、法的な枠組みが整備されています。派遣労働者を不当な差別や不利益な取り扱いから守るのです。

派遣産業の健全な成長

派遣法は、派遣会社や派遣先企業に対して一定の義務を課すことで、業界全体の健全な発展を促進しています。派遣労働者と企業双方にとって公平な条件で働ける環境を整備することを重要視しているのです。

3年ルールとは?例外についても解説

派遣法における3年ルールは、派遣労働者と派遣会社にとって重要な規定のひとつです。このルールは、同一の派遣先での労働を原則として3年間を限度とするもので、その期間を超えて同じ派遣先で働く場合、法的な制約が発生します。

では、この3年ルールについて詳しく解説しましょう。

3年ルールの基本

3年ルールは、派遣法第20条に規定されており、派遣労働者が同一の派遣先で3年以上働くことを制限しています。これは、労働条件や待遇において正規の従業員と同等の扱いを受ける権利を保護するための規定です。

3年を超えて同じ派遣先で働く場合、派遣労働者は原則的に正社員と同等の待遇を受ける権利が生じます。これには、給与、労働時間、休暇、福利厚生などが含まれます。

3年ルールの例外:契約期間の短縮

派遣契約の期間が当初の予定よりも短縮された場合、3年ルールの適用期間も短縮されます。つまり、契約期間が途中で終了した場合、新たな派遣先で働く際には再び3年ルールの適用が始まるのです。

3年ルールの例外:派遣会社の変更

別の派遣会社から同じ派遣先に派遣された場合、3年ルールの適用はリセットされます。この場合、新たな派遣会社での勤務開始時から3年をカウントすることになります。

3年ルールの例外:派遣先が変更された場合

同一の派遣会社から別の派遣先に転属した場合、3年ルールの適用もリセットされます。新たな派遣先での勤務開始時から再度3年のカウントが始まるのです。

派遣期間を延長する方法

前述のとおり、派遣法には同一の派遣先での労働を3年間を限度とする3年ルールが存在します。しかし、この期間を延長したいと考える派遣労働者や派遣会社も多いでしょう。

では、どのようにして派遣期間を延長できるのでしょうか。以下で、その方法について詳しく解説します。

派遣先の変更

派遣期間を延長するひとつの方法は、派遣先を変更することです。同一の派遣会社から別の派遣先に転属する場合、新たな派遣先での勤務期間から3年ルールの適用が再スタートするのです。

つまり、新しい派遣先での労働期間が、前の派遣先での期間とは無関係に計算されます。この方法を利用することで、派遣期間を延ばすことができるでしょう。

派遣契約の更新

派遣期間を延長するもうひとつの方法は、派遣契約を更新することです。派遣契約が期限切れに近づいた際、派遣労働者と派遣会社、または派遣先企業との合意にもとづき、契約を更新することができます。

この際、新たな契約期間が始まるため、3年ルールの適用もリセットされます。ただし、契約の更新には、派遣労働者と派遣会社、派遣先企業の合意が必要です。

 派遣会社の変更

派遣期間を延長するために、別の派遣会社から同じ派遣先に派遣される方法もおすすめです。この場合、新しい派遣会社からの勤務期間が3年ルールの対象となり、派遣労働者は新しい会社での契約をつうじて派遣期間を延長できます。

ただし、派遣会社の変更には派遣先企業との調整が必要です。

注意点

派遣期間を延長する際には、派遣法の規定に従い、派遣労働者の権利を適切に保護することが重要です。また、期間延長に関する詳細な条件や待遇については、派遣契約に明記するべきでしょう。

派遣労働者は、自身の権利と条件を把握し、派遣会社とのコミュニケーションを通じて適切な合意を確保することが大切です。派遣期間を延長する方法はいくつかありますが、各ケースに応じて適切な選択を行いましょう。

まとめ

派遣法の3年ルールは派遣労働者にとって重要な規定であり、同じ派遣先での労働期間が3年を超えると、正社員と同等の待遇を受ける権利が生じます。しかし、期間延長を望む場合には、派遣先の変更、派遣契約の更新、派遣会社の変更などの方法があります。

派遣法の目的は労働者の権利保護と派遣産業の健全な成長を促進することです。派遣労働者は自身の権利を理解し、適切な条件で働くために、法的な枠組みを活用しましょう。

特におすすめの派遣会社 登録全体の満足度 紹介された仕事内容の満足度 仕事紹介までのスピードの満足度
テンプスタッフフォーラムの画像 テンプスタッフフォーラム1の画像 テンプスタッフフォーラム2の画像 テンプスタッフフォーラム3の画像
優良な事務職求人はテンプスタッフ!

登録はこちら

スタッフサービスグループの画像 スタッフサービスグループ1の画像 スタッフサービスグループ2の画像 スタッフサービスグループ3の画像
最適なマッチングと丁寧なフォロー!

登録はこちら

Adeccoの画像 Adecco1の画像 Adecco2の画像 Adecco3の画像
大手企業から専門職まで豊富な派遣求人

登録はこちら

※月間人材ビジネス2023年12月号「第40回派遣スタッフ満足度調査結果」を元に作成
※回答者平均点の3.90~4点を◎、3.80~3.89点を〇、3.70~3.79点を△としています
出典元:https://www.fujisan.co.jp/product/1281682888/b/2465714/

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

派遣社員で働くメリットのひとつは、自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能なことでしょう。また、時給アップを希望する場合、派遣会社の担当者が就業先に交渉してくれるため、自分で行う必要があり
続きを読む
富山市には数多くの派遣会社があります。自分に合った派遣会社に登録するためには、派遣会社ごとの強みや特徴を把握することが大切です。 そこで今回は、富山市で事務職に強い派遣会社を3つ抜粋して紹介
続きを読む
富山県高岡市は、県庁所在地に次ぐ第二の都市です。自然が豊かで生活に密着した施設が揃っているので、子育て世帯が住みやすい街です。 そんな高岡市で事務職のお仕事を探すのであれば、派遣会社に登録す
続きを読む